東京都町田市について

東京都町田市

東京都内の市町村では八王子市に次いで2番目に多い人口がおり、伊豆諸島や小笠原諸島(南方諸島)を除いて東京都に位置する自治体としては最南部に位置しており、神奈川県に半島のように突き出ております。
面積は71.64平方km(東西22.3km・南北13.2km)で、多摩丘陵の西部から中央部を占める位置に立地います。
1958年に市制施行により、 町田町・鶴川村・忠生村・堺村が合併し、東京都で9番目の都市『町田市』となりました。
1960年代初頭より、東京都郊外のベッドタウンとして発展しており、現在も不動産・住宅開発の進出も激しい地区となっております。
シルクロード(絹乃道)とも言われる横浜に向かう街道は、横浜開港後に生糸が海外に輸出されるようになり、多摩地区で生産された生糸が八王子に集まり、商人が横浜の港に運ぶ際に通る事により付けられました。
交通面では、1908年に横浜鉄道が開通し、町田駅(当時:原町田駅)と相原駅が開業しました。
その後、1927年には小田急線の町田駅(当時:新原町田駅)並びに玉川学園前駅の鶴川駅が、1968年に東急田園都市線つくし野駅、1972年に東急田園都市線すずかけ台駅、1976年に東急田園都市線南の町田駅、1979年に横浜線の成瀬駅が、1991年には京王相模原線の多摩境駅がそれぞれ開業し開業しました。
町田駅から都心へのアクセスも30分程度と交通の便もよく、横浜方面にも同じくアクセスし易くなっております。
1983年2月1日に「非核平和都市」宣言を行い、『戦争の悲惨さ』『原爆の悲劇』『平和の尊さ』を市民と共に、世界で唯一の被爆国の自治体として考えていく「非核平和のこころ」を広める取り組みを行なっております。

市勢

面積 71.64km²
人口 425,704人
(2013年2月1日時点)

隣接する自治体

多摩地域

八王子市
多摩市

神奈川県

川崎市 - 麻生区
横浜市 - 青葉区、緑区、瀬谷区
相模原市 - 中央区、緑区、南区
大和市

公式twitter【@machida_town】お気軽にフォロー下さい!Follow me